ミニカー収集とはハマると難儀なもの

ミニカーのコレクターというのは案外多いものです。子供の頃に遊んだ楽しい記憶からそのままコレクターになったり、車を趣味にしているうちに自分の車のミニカーを集めたりと様々なパターンで存在します。そんなコレクターたちの周りで起こることをいくつか紹介したいと思います。

家族に文句を言われないための工夫も考えてみましょう。


ミニカーをアリババの洞窟に買いに行く。

ミニカーはどこで買いますか?今だとネットショップやオークションも多いのではないかと思います。トイザらスのようなおもちゃ屋さんに並んでいるものを見ることもあるでしょう。自分の欲しいものが見つからないとか予算にあったものが見つからない時にはミニカー専門店がお勧めです。

たくさんある専門店のうちの一つを紹介させてもらいます。ミニカーガレージロムです。このお店の実店舗は大阪にありますが、通販も取り扱っています。種類も豊富ですしここで探せばほとんどの見つからないものではないのではないかと思います。

ここに入るとコレクターであれば買ったやめたを繰り返して出てこられなくなること間違いなしです。店員さんの知識も豊富ですし、我が家のコレクターのピンポイントの質問やオーダーにもしっかり応えてくれる対応の良さがあります。

また、このお店にはレンタルケースでも委託販売があるので掘り出し物に出会える可能性もあります。大型玩具店も便利ですがたまにはこんなお店に立ち寄ってみるのはどうでしょうか。

箱から出すか出さないかそれが悩み所だ。

ピカピカのボディのミニカーを愛でたいというのもコレクターの習性としてあるようで、我が家のコレクターたちも買ってきた後はしばらくにやにやと眺めています。眺めた後、箱にもう一度しまうかしまわないかについては人によるとしか言えません。

ただ、考えておいた方がいいことを特に一人暮らし以外の方に向けてあげてみます。一つ目は、傷が入ってしまう可能性です。当然出しておけば気が付かないうちに傷ついていたり、掃除の時に落としたりということは起こりがちです。

傷が入っても気にしないなら出しておいてもかまわないでしょう。ただし、小さいお子さんがいる家庭の場合は子供が触ることを考慮しておいてください。中でも、自分と一緒に遊びたい、ミニカーを一緒に楽しみたいと思って安いミニカーを買ってあげていたらなおさらです。

子供にどれくらい貴重なミニカーかなんていうことは分かりません。こういうケースは子供が大きくなるまで箱にしまって見えないようにしておくということをお勧めします。二つ目は箱の保管場所です。ミニカーが入ったままであれば微妙な気持ちになりつつ受け入れてくれる家族もいると思います。

反対に中から出して箱だけをしまっておく場合、スペースの無駄と思う人も多いのです。こういうことで文句を言われた時には手放す時に箱がある方が高く売れるという魔法の言葉を唱えておきましょう。実際に売るかどうかについては言及しなくていいので納得してもらえる可能性はあがります。

しかし、限度はあるので自分のスペースから共有スペースには浸食しないという気づかいは見せておくことが大事です。

どこにミニカーを飾っておこう。

ガラスケースや専用棚にぎっしり並べたいというコレクターの野望は実際にどのくらい叶っているのでしょう。自分のコレクションがずらっと並ぶ壮観なさまを想像してはため息という方も多いのではと思います。家族がいればどの程度自分の趣味を受け入れてくれているかによって視線の温かさも違ってきます。

食器を美しくガラスケースに飾るのは良くて、ミニカーはダメということもあるでしょう。趣味の違うコレクションに対する理解の程度によって扱いは変わります。一方で、一人暮らしや自分専用の部屋がある人には全くこんな心配はいりません。

専用の棚を探すと高いことも多いのでガラスケースに飾りたい場合はリサイクルショップでまず探してみましょう。代用できるものも案外あります。商品陳列用のものやガラス扉の本棚から食器棚まで転用できるものがたくさんあるのでこまめに足を運んでみてください。

また、突っ張り棒に棚を渡してプラ板を載せて陳列棚を作れば家の中のどこでも飾ることができます。トイレのような狭いスペースからカウンター下や部屋の壁まで自由に陳列棚を出現させることが可能です。さらに、ミニカーのサイズに合わせて棚の幅も決められるので手間暇を惜しまないのであれば自作してしまうのが一番だと思います。

なお、飾る時に注意したいのが経年劣化です。日の当たるところに置いておけば色が飛んだりすることが起こります。買った時のまま飾っておきたいのであれば少し日当たりを注意して場所を選んでください。

ミニカーって修理できるの?

大事なミニカーが壊れた場合修理ができるのかも気になるところです。自分で何とか修理できてしまうのであればベストでしょう。

実際に模型を作っている人であれば不可能ではないようです。しかし、分解することを前提として作られていないことから難しさもあるようですのでそこは留意しておいてください。自分では無理という人には修理を依頼するという方法があります。

部品の破損、キズ補修、全塗装、ホイール・タイヤ交換・取付、車軸調整などを請け負ってくれます。再塗装については新品同様とはいかない場合もあるようです。また、個人で請け負ってくれる場合もありますので探してみましょう。

「ミニカー修理」で調べるとたくさん出てきます。自分のしたい修理に合った業者を選んでください。

もしも手放すことになったなら。

せっかく集めたミニカーなのに何かの事情で手放すこともあります。そんな時にただ捨ててしまうことにはコレクターであれば躊躇するでしょう。大事にしてきた思い入れのあるミニカーなら当然です。そんなことはない、断捨離する、捨てる、という人のために一応注意喚起をしておきますが、分別はしっかりしてください。

素材によって地域によって捨て方がちがいます。中でも、箱に入れたままポイは一番やってはいけないことです。もし、手放す時に自分で値段をつけて売りたいということであれば、オークションが真っ先にその方法としてあげられるでしょう。

最低価格以上であれば納得して手放せます。ただし、オークションに纏わる煩雑さは避けようがありません。手間はかけなくないけど、いつか売れればいいなという人は委託販売の方が向いています。例えば、最初に紹介したモデルガレージロムにあるようなレンタルケースを利用することができます。

それ以外にも、レンタルケースを使った委託販売はありますので自分が使いやすいところを探して販売してみたらいいでしょう。もっと簡単に手放したいのであれば中古買取になります。調べると買取業者がたくさん出てきますし、その比較をしてくれているサイトもありますので、自分に合ったところを選んで宅配買取サービスを利用してください。

ミニカーを専門にしている業者の方が街のリサイクルショップに持ち込むよりは良いと思います。リサイクルショップでは貴重価値を考慮してくれることはないからです。

一番の山は家族との軋轢だ。

どの分野であっても家族の理解がない場合が一番厄介です。家族が反対する理由は様々でしょう。子供っぽい趣味だから嫌と言われたり、掃除の邪魔と言われたり、ミニマリストに突然パートナーがなったともなれば悲劇です。

ミニマリストはコレクターの対局に住んでいる方々ですから。とにもかくにも、まずはお話合いなのは変わりません。相手が何かを集めているタイプであれば納得してもらえる可能性はかなり高いです。その場合でも、相手の趣味をくだらないとか無駄とか言ってはいけません。

相手がその分野に興味があるのと同じなんだと共感を求める方向に話を持っていきましょう。話し合いで解決できればいいのですが無理な場合は、目につかない場所にしまい込むことでコレクションを置いておくことだけは受け入れてもらえるかもしれません。

また、家族が気に入らないコレクションであれば喧嘩した時に壊される危険もあります。売り飛ばされたくなければ事情を話して実家に預かってもらう方法もあるでしょう。ただし、実家の人が捨ててしまうとかいらないと思って誰かにあげてしまうといったトラブルも起こります。

実際にはレンタル倉庫が一番安心ということになるでしょう。お金で解決できそうならば借りてしまうのも手かもしれません。お金をかけるのも無理というのであれば相手が自分の趣味を受け入れてくれるまではできるだけ趣味より相手が大事ということを相手が感じられるように心がけるしかありません。

そのようなことを繰り返していると自分の趣味に対しても寛容になってくれるのです。素敵なミニカーのコレクターライフを送ってください。